So-net無料ブログ作成
検索選択

甲州印伝など日本伝統の隠れた成長産業 [芸能]

たかじんの言って委員会【1/8放送】の
番組でこれからの日本の成長分野についての
議論がありました。

その出演者の一人が
世界でも通用する日本の成長分野で

■日本の伝統産業
■医療
■農業

など3分野をあげていました。

日本の農製品などはTPPで貿易自由化すれば
壊滅するとの心配がありましたが、
現在海外の富裕層が日本の農産物を
高値で買いまくっている状況が生まれています。

リンゴやいちごなど海外のものとは
全くの別物だと出演者達が口をそろえて
言っていました。


日本では当たり前に生産したものが
海外では品質・安全性などの面で
ピカ一との評価をされているようですね。

農業生産品など氷山の一角で
他のも隠れたヒット商品が多数埋もれているはずです。

例えばたかじんのそこまで言って委員会で
竹田恒泰さんが紹介していた
甲州印伝の財布などがありました。

皮作りの伝統技術加えて
デザイン性もあり竹田恒泰さんが
かなりおすすめしていたブランドです。

なぜか番組では甲州印伝の財布の紹介より
財布の中身のお札の束に関心が
集まり、甲州印伝は話はどこかにいってしまいました。

甲州印伝のようにまだ日本人が自覚できていない
数多くの潜在的なヒット商品が埋もれている
と思います。

それらを掘り起こして世界に紹介するビジネスが盛んになるような気がします。




トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

号泣の野々村議員 カラ出張?本来の政務調査費の役割とは? [芸能]

カラ出張が疑われている。

誰と何を話したのかや具体的な使い道を明白にしていない。

この人がどんな政策立案をして、兵庫県や国に対する貢献をどのぐらいしていたかが重要なこと。


http://profile.ameba.jp/nonomuraryutaroblog/

野々村県議のプローフィール↑

政務調査費(せいむちょうさひ)とは、地方議会の議員が政策調査研究等の活動のために支給される費用である。

政務調査費の交付については、地方分権一括法の施行等により地方議会やその議員の活動がより重要となったことから、

2000年(平成12年)の地方自治法改正により制度化された。

政務調査費とは地方議員が政策などの調査研究のための費用で議員報酬とは別に支給されるようだ。↓


http://thepage.jp/detail/20140702-00000028-wordleaf



政治家の本来の仕事は国全体を豊かにする政策立案。

国民の安全や暮らしを支える法律づくりが仕事。

選挙の落ちればただの人。

次の仕事の保障のない。

選挙に受かるのが第一命題となる、。

受かるために全体の利益よりも自分を応援してくれる集団の利益を優先してしまう。

ある意味悲しいが政治家の本能。

特定組織より国のの将来利益を優先してくれてる政治家に魅力を感じる。

特定組織を敵に回しても、自身の政治信条に忠実なのはなかなかできない。



政治家は日常的にかなりの支出があります。

支持者に対して定期的に活動報告を送ったり、冠婚葬祭に出席、後援会や支持者に対しての活動報告書の送付、かなりの金額。

議員報酬だけではとても足りないので、こうした活動費を一般的な費用として使いたいという事情がある。



政治家の本来の仕事は政策立案の仕事だからある程度、当活動費として認めるべきだと思う。

国全体の将来利益になる政策を立案すれば、多少の遊びには目をつぶっていいのではないか。

政治家個人の政策成績表みたいなものを記者が公開してくれたらいいと思う。

しかし点数つける側の力量と客観性が問題となる。



いつも疑問に思うのは政治家が一般の知らない人の葬式や運動会や老人会などに出席してるのは違和感を感じる。

もっとこれから伸びていく産業の規制緩和や国全体の富の創造に時間と金を費やしてほしい。


政治家が一番気にしているのは、選挙。

選挙に来てくれない若者よりも選挙に確実に来てくれる老人に関心が行くのは当然。

お年寄りを大切するのは当たり前だが、国の経済が成長して、財源が豊かになるのが前提。

これからの働き手の教育に力をいれてほしい。



これをきっかけに政務調査費にメスをいれ、、選挙で選ばれた代表が、役人の権限拡張など組織利益のためでなく

全体が豊かになる政策立案をしても貰いたい。



なぜモテる?元カノ歴代彼女が美人女優の低身長モテ男濱口まさる! [芸能]

低身長の濱口さんが、なぜこれほどの美人女優とお付き合いできるのか興味あったので少し調べました。
hama.jpg

身長が低いイメージがあったが、168センチあるようです。
低くないですね。
勝手に150センチぐらいのイメージが出来上がっていました。


生年月日 1972年1月29日
出身地 三重県志摩市
血液型 A型
身長 168cm
最終学歴 大阪市立汎愛高等学校卒業


愛称はぐっちょん(グッチョン)、ハマグチェ、マサルさん、マッサルなど。
相方は有野晋哉

元カノで歴代美人の彼女は倉科かな 小倉優子 内田有紀 上原さくら 鈴木さりな 本田みずほさん など
なぜこれほどの彼女たちとお付き合いできているのか、考えてみました。

光浦靖子や大久保佳代子といった、いわゆるモテない女性の髪形や化粧の変化にも敏感
出典 「みんな、いい女になって出ていく」アゲチン・よゐこ濱口優の悲しいボヤき - ライブドアニュース

テレビを見ていて、よいこ濱口さんはおバカキャラだが、結構人の話をよく聞いてよく人を観察してるなーと感じる。

観察力というか女性の変化に敏感なんだろうな。
話すときは決まって「あれ!?痩せた?」と切り出して相手が話しやすい雰囲気にもっていき、
相手の好きなディズニーのキャラクターグッズがあれば「必ず持っていってプレゼントするのが定番」とのこと。

好きなものを懇願されすとプレゼントしてしまう
それを自然体でさりげなくできるとのこと。



逆に濱口さんは女は顔ではないという価値観をもっていると思う。
女性の外見に必要以上に価値を感じると、意識しすぎて自滅してしまう。
普通に会話を楽しもうぐらいのスタンスだと思う。
イジられキャラの濱口さんがだれか落とすために計算して戦略立ててるイメージないもんな~。


こんなエピソードも「デートでは絶対待ち合わせしない。必ず迎えに行く」といい、
理由について「(相手が)絶対メイクとかで遅れるので、それを見越して、
どこか時間がつぶせるところで待ち合わせし、僕が待ってる」と女性への配慮を明かし
女性に対する気配りがすごい。
たぶん根っからやさしいんだろうなと思う。

あとコミュニケーション力。
話を聞くのうまそうじゃないですか?
男女問わず人は自分の事話している時間気持ちがいいし
なんでも話してもいいような雰囲気もってるなー。
自然な感情表現と濱口さんなら弱みの打ち明けらそうだ。


「とにかく、優しい。」濱口と一緒に仕事をした女性は、
口々に同じ感想を述べると言う。
出典「彼女のすることは、何でも許す。」よゐこ濱口は究極の優しい男か、底なしのお人好しか? | Techinsight

売れないタレントのも気さくに声をかける誰にでも優しくできる。
うそや計算などなく、無邪気な感じがいいのかも知れない。

自分以外の人間に対するやさしさに、下心のない、本当のやさしさを感じるのでしょう。


『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、男性芸人が「もしも
俺が女子だったら…」という前提で付き合いたい男性芸人を
選ぶランキング企画でも1位に輝いたのが濱口だった。
出典「みんな、いい女になって出ていく」アゲチン・よゐこ濱口優の悲しいボヤき - ライブドアニュース

やはり同姓から好かれる男性は女性からもモテる。

プレーボーイの明石家さんま(58)に「濱口の魅力が
分からへんヤツは、そもそもモテへん男や」と言わせたほど。
出典 さんまも認める芸能界屈指のモテ男 よゐこ濱口がモテるワケ ? スポニチ Sponichi Annex 芸能

モテる人は瞬時にモテる男のオーラを感じ取れるんだろーなー。
自分もあやかりたい。

何故モテる 竹田恒泰
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

AKB48畑山亜梨紗と交際。元皇族?竹田恒泰なぜモテる?何者? [芸能]

yjimage.jpg
http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/archives/555771...

今日さんまのまんまに出てた。
以前華原朋美とうわさになって、今は元AKB48の畑山亜梨紗と交際
話題づくりがうまく、天秤かけたと叩かれてた。二股疑惑は否定していた。
華原にはフラれたでしょ?を聞かれると「そうですよ」を爽やかに。

こういう切り替えし、ウマいなーを思う。
次は小保方晴子と付き合ってほしい・・・・・・。
できれば浜田ブリトニーとも・・・・・・・・・・。

明治天皇の玄孫でたかじんのそこまで行って委員会のコメンテーター竹田恒泰のイメージしかない・・・
バラエティ番組に出ている竹田さんは何か違和感を感じる。
最後は爽やかにドラムの演奏をしていた。
中国語英語もしゃべれるとのこと。

マルチな才能、名家、モテる・・・・・・
なんだーこのサラブレッド。顔もサラブレッド(ウマ顔?)・・・・・・



さんまにも「キモいヤツと思ったけど、会ってみると爽やか。モテるのわかると」絶賛・・・・。
最初はオネーキャラのそっち系のひととおもってしまうほど。やらかい物腰。旧区族をいわれても頷ける。


よく日曜のPM13:30から始まるそこまでいって委員会によく出ている・・・・・
話にオチをつけないと気がすまない性格のようだ。

ディベートに強く、まったくどの相手にも物怖じしない。
頭の回転が速く、ソフトなイメージだが押しが強く、アサーション度高いイメージ。
これだけずばずいいたい事言って・・・
でも敵が多いだろうな~・・・・・・・・・・・・・・・・。


テレビでは反原発、反TPP。皇室や憲法問題などの専門家?の勝手なイメージがある。
本職は憲法学者?


さんまに自分のつかっている万年筆より上質の万年筆をおくるなど、上の人の懐にとびこむのがうまい。
話の最後に「おっぱいおおきいひとが好きでしょ?長年の勘やけど」と振られると竹田氏は「まあ嫌いじゃないですね」笑顔で答えてた。

なぜかモテる よゐこ浜口

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。